あさっぴーとスウォンへカジャ!2019

あさっぴーとスウォンへカジャ!2019

旭川市と姉妹都市である大韓民国の水原市ではそれぞれの国の行政体制、文化、教育等々を理解し
 
グローバルな人材を育成する目的で「旭川市・水原市 職員相互派遣研修事業」を行っております。
 
現在、韓国にて研修中の北さんは派遣2年目です。4月から3月までの1年間派遣されます。
 
北さんから韓国での研修の様子や、生活などをつづったレポートを毎月送っていただきますので
 
皆さんぜひご覧ください。
 
 
あさカジャ!!(あさっぴーとスウォンへカジャ!!)
 
vol.16      R1.9.17 NEW
 
※「カジャ!!」は日本語で「行こう!!」という意味です

みなさま안녕하세요~(アンニョンハセヨ)
水原市派遣中の北と申します。
本日も旭川市の姉妹都市である水原市よりあさカジャをお送りします。

身近な話としては,水原市が位置している京畿道(キョンギド)でもタクシーの基本料金が今年度初旬から上がりました。それまでは3,000ウォンだったものが,3,800ウォンに上がっています。私もつい先日,久しぶりにタクシーに乗る機会があったのですが,この800ウォンの上昇がとても大きく感じました。一部の自治体ではバス料金や地下鉄の料金の引き上げも検討されているそうで,まだまだ日本より安い韓国の交通費ですが,今後は更なる引き上げの可能性もあるかもしれません。

さて,本日のあさカジャは「2019 第16回日韓親善少年サッカー交流」についてご報告いたします。旭川市と水原市は1989年10月に姉妹都市提携を行いましたが,それに伴い1990年にスポーツ交流協約を結び,現在までサッカー交流を継続してきました。この交流事業は旭川市と水原市の姉妹都市間で隔年開催されているもので,今年で第16回目となります。今年度は旭川市から水原市へ派遣の年であり,旭川市の小中学生が4泊5日の日程で韓国・水原市等を訪問し,サッカー交流を実施しました。

2019.16-1.jpg

親善試合は2日間に渡って行われたのですが,小・中学校ともにどちらのチームもスポーツマンシップにのっとった白熱した試合を見せてくれました。小学生の試合では,水原市チームの方が全体的に背が高い子が多く,旭川チームとは体格差がありましたが,旭川チームは細かなパスワークで翻弄したり,果敢なドリブルで勝負を仕掛けていったりと,巧みな技術で観客を楽しませてくれました。中学生は高い技術レベルのうえに激しさが加わり,近くで見ていて迫力が凄かったです。全体的に旭川チームの方が選手の出足が早く,こぼれたボールを拾う回数も多かった印象を受けました。試合結果は勝ったり負けたりといった感じでしたが,今回の経験は参加した選手たちにとって,非常に良い刺激になったのではないかと思います。

2019.16-2.jpg

2019.16-3.jpg

期間中,旭川市の子供たちは1泊のホームステイも経験しました。後々話を聞くと,ホストファミリーにショッピングモールへ買い物に連れて行ってもらったり,水原市名物の水原カルビのお店に連れて行ってもらったりと各自ホストファミリーと楽しい時間を過ごせたようで,これも小中学生にとって大きな経験になったのではないかと思います。2日目には多くのホストファミリー家族が試合を見に来てくれ,試合後のお互いに別れを惜しむ姿が印象的でした。個人的にも,今回の交流事業の中で大きな怪我や事故等が発生することなく,無事に終えられたことに安堵しています。この場を借りて今回の交流事業に関わって下さった方々に感謝申し上げます。

2019.16-4.jpg

今回の訪問は「大人の懸念とは異なり、互いに大切な友達になった」(韓国紙:京仁日報)などと韓国メディアでも好意的に報じられています。
この経験が子供たちにとって素敵な思い出となり,大きな成長の糧になればと強く感じた一日でした。

他の最近の出来事としては,今年度第2回目のCLAIRソウルセミナーがソウルにて実施され,私も参加して来ました。在韓日本国大使館やJNTO(日本政府観光局)から講義を受け,最近の日韓関係の動向について学ばせていただいたほか,各都市に派遣されている公務員から日頃の活動の様子等を報告し合いました。聞いたところでは,どこの都市でも大きな変化は無く,今までどおりの生活を送っているようです。他の方々と情報を共有することができ,とても貴重な一日になりました。

2019.16-5.jpg

本日もあさカジャをご覧いただきありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。

 
 
あさカジャ!!(あさっぴーとスウォンへカジャ!!)
 
vol.15      R1.8.2 
 
※「カジャ!!」は日本語で「行こう!!」という意味です

あさカジャ第15回目

本日もご覧いただきありがとうございます。

私はスポーツが好きなので,本日は韓国のスポーツに焦点を当ててブログにしていこうと思います。職場の人に,韓国で人気のあるスポーツは何か尋ねてみると,大体日本と似ている回答が多く,若い子にはサッカーや野球,バスケットボールなどが人気のようです。ただ似ているとはいえ,やはり違いがありましたので,現地で感じたことをお伝えしていきます。

 

スポーツに関して個人的に感じた日本との違い

1. e-Sportが日本よりもメジャーなスポーツとして位置づけられている。

既によく言われていることですが,e-Sport(Electronic sportsの略。コンピューターゲームをスポーツ・競技として捉える際の名称)が広く受入れられていると感じます。日本ではまだ「e-Sportはスポーツじゃない」という印象を持つ方が多いのではないでしょうか。調べてみると韓国は10年以上の歴史を持つe-Sport先進国だそうで,e-Sportのプロ選手は子供達が憧れる人気の職業の一つだそうです。職場の人によると,韓国でも世代によって捉え方が異なり,若い世代ではスポーツだという印象を持つ人が多く,もっと上の世代ではスポーツではないという印象を持つ人が多いようです。

 

2.登山に対する人気の高さ
韓国では,登山は王道のレジャーであり,スポーツの1種だと考える方もいます。韓国で趣味に関するアンケートをとると必ず登山が上位に入りますし,街中でも登山ウエアに身を包んだお年よりをよく見かけます。
韓国で登山が人気の理由を調べてみると,色々な理由が推察されています。考えられる一つ目の理由は,気軽に登れる山が多いことです。有名なのはソウルにある北漢山(プッカンサン:800m級の3つの峰の総称)。水原市でも身近な場所に光教山(カンギョサン:582m)などがあり,多くの人が休日に登山を楽しんでいます。2つ目の理由としては,大都市が内陸にあることです。日本では大都市が海沿いに位置していることが多い反面,韓国は釜山などを除く大都市が内陸に位置していることが多く,それが登山人口の増加の要因の一つではないかと言われています。

 

3.習い事として身近なテコンドー
韓国国技でもあるテコンドーは,韓国人にとってとても身近なスポーツであり,国内の有段者は500万人以上とも言われているそうです。日本でいうところの剣道や柔道のような位置づけでしょうか。私の家の近くにもテコンドー道場があり,専用着を来た生徒をよく見かけます。その姿を見ると男の子だけでなく,女の子でもテコンドーを習っている子が多いようです。韓国ではテコンドーを通じて「尊敬・忍耐・礼儀」を身に付けることができると言われており,子供の習い事として人気を集めています。

 

スポーツは韓国人にとっても身近で人気があり,水原市にも多くのプロスポーツ団体が存在しています。水原市をホームタウンとする主なスポーツ団体を簡単に紹介いたします。
○サッカー
水原三星ブルーウィングス(男子)
ホームスタジアム:水原ワールドカップ競技場
水原市にある1995年設立のプロサッカーチーム。現在はKリーグ1(日本のJ1リーグ)に所属し,Kリーグ1で4回の優勝経験のあるチームです。過去には元日本代表の高原直泰選手や元北朝鮮代表のチョン・テセ選手などが所属しました。本拠地である水原ワールドカップ競技場は,その名の通り2002年日韓ワールドカップに合わせて建設され,日韓ワールドカップでは計4試合がこの競技場で開催されています。収容人数43,959人を誇り,代表戦も行われるすばらしいスタジアムです。
http://www.bluewings.kr/(水原三星ブルーウィングス公式HP)
https://suwonworldcup.gg.go.kr/(ワールドカップ競技場HP)

 

2019.15-1.jpg

 

水原FC(男子)
ホームスタジアム:水原総合運動場
前身が2003年設立の水原市庁FCであるため,市役所内にもファンが多いチームです。2016年にはKリーグ1へ昇格しましたが,1年で降格となり現在はKリーグ2に所属しています。水原総合運動場は1971年に完成した収容人数24,670人のスタジアムで,サッカーの試合がメインで使われています。2007年にはFIFA U-17ワールドカップの会場として利用されました。
http://suwonfc.com/(水原FC公式HP)
 

2019.15-2.jpg

 

水原都市公社 女子サッカー団(女子)
ホームスタジアム:水原総合運動場
2008年に韓国国内6番目に創設された女子サッカーチーム。監督と2人のコーチ,1人のトレーナーと選手26人。合わせて30人で活動しています。ホームスタジアムは水原FCと同じ水原総合運動場を利用しています。
https://www.suwonudc.co.kr/soccer/mainPage.do(水原都市公社 女子サッカー団)


○野球
KT wiz(男子)
本拠地:水原KT wizパーク
2013年に韓国10番目の球団として加入が認められ,2015年から正加盟として1軍リーグに参加しました。スポンサーであるKT(韓国テレコム)とwiz(ウィズ=魔法使いの意味のウィザードの短縮形)を組み合わせ,この名が付けられています。球場は約22,000人が収容可能で,飲食店も多く,観客達はビールとチキンをお供に観戦を楽しんでいらっしゃいました。個人的に面白かったのは座席前にテーブルが付いている席があったこと。球場で食事をする際にはとても便利でいいアイディアだと思いました。
http://www.ktwiz.co.kr/sports/site/baseball/main.do(KT wiz公式HP)

 

2019.15-3.png

 

2019.15-4.png

 

○バレーボール
水原KEPCOビッグストーム(男子)
ホームアリーナ:水原室内体育館
水原KEPCOビッグストームは,大韓民国プロバレーボールリーグであるVリーグに所属しています。Vリーグ所属の男子チームは現在7チーム(2019年現在)。ホームアリーナである水原室内体育館は4,317人収容可能で,先程紹介した水原総合運動場やKT wizパークに併設されています。最近では2016年10月清州KOVOカップ優勝,2017年9月に天安KOVOカップ優勝などの実績があるチームです。
http://home.kepco.co.kr/kepco/SP/A/main/volley.do?menuCd=FN1104(水原KEPCOビッグストームHP)

 

2019.15-5.png

 

現代建設ヒルエステート(女子)
ホームアリーナ:水原室内体育館
1977年設立の女子プロバレーボールクラブ。現代建設ヒルエステートもVリーグに所属しています。Vリーグ所属の女子チームは現在6チーム(2019年現在)。2016年3月NH農協2015~2016Vリーグチャンピオン戦優勝。2015年7月清州KOVOカッププロバレーボール大会準優勝などの実績があるチームです。
https://hillstate.hdec.kr/(現代建設ヒルエステート公式HP)
 

2019.15-6.jpg

 

以上が水原市のスポーツチームの紹介でした。私自身も今回調べてみたことで初めて知ったこともたくさんあり,とても良い機会となりました。今後とも様々な分野の両国の違いを探していきたいと思います。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。
また次回のあさカジャをよろしくお願いします。

 

 

 
あさカジャ!!(あさっぴーとスウォンへカジャ!!)
 
vol.14      R1.7.1 
 
※「カジャ!!」は日本語で「行こう!!」という意味です。

本日もご覧いただきありがとうございます。

こちらでは梅雨(장마=チャンマ)の時期となり,雨の日も多くなってきました。
日本で梅雨と言うと何月を思い浮かべるでしょうか。多くの方はきっと6月を想像するのではないかと思います。韓国はというと,梅雨は6月下旬から7月下旬にかけての約1ヶ月間であることが一般的で,日本とは2~3週間ほど時期のズレがあります。今までのあさカジャにも何度も登場していますが,韓国人は「雨の日にはマッコリを飲みながらチヂミを食べたい」と感じるそうです。そんな韓国人にとって梅雨の時期は,親しい人達と飲みに出掛ける良い機会なのかもしれません。


ここからは前回紹介し切れなかった水原市役所の施設紹介です。

1.正面ホール
正面玄関を入ってすぐの場所にあり,本館中心に位置する場所です。多目的に利用されており,この記事作成時には水原市に住む子供達の絵が展示されていました。つい先日には水原雇用センター主催の「雇用博覧会」と題した就職斡旋会が開催されました。

2019.14-1.jpg

2019.14-2.jpg

雇用博覧会の様子

2.대강당(大講堂)
仕事始め式等の市公式行事のほか,著名人を招いての講演会や市民表彰式など様々な用途で利用されます。

2019.14-3.jpg

3.本館と別館の間のオープンスペース
普段は特段何も無い場所ですが,イベント開催時になるとテントが置かれ,有効活用されています。昼休みにはこの場所を散歩する職員も多く見かけます。

2019.14-4.jpg

2019.14-5.jpg

最近あった出来事
1.西川将人市長 水原市訪問
今月初旬に西川市長が観光プロモーションのため韓国を訪問されました。その際にはヨム・テヨン水原市長も同席され,市内施設の視察などを行いました。ヨム・テヨン市長からは8月に行われる友好姉妹都市締結30周年記念行事で旭川へ訪問できることを楽しみにしていますとの話も出ていました。

2019.14-6.jpg

2.水原コンベンションセンター視察

2019.14-7.jpg

外観
2019年4月にオープンした地上6階建ての施設で,7,877㎡の展示ホールのほか,1,000~2,000㎡ほどの3つのコンベンションホール,100~300㎡ほどの会議室およびイベントホールが29室あります。仕切りを外すことで大きさを変更することもでき,どんな用途にも対応できるよう作られています。先日は「第15回 青少年博覧会」が開催され,韓国全土から集まった学生達のほか,友好姉妹都市の学生達による各都市の紹介ブースも行われていました。日本からは友好都市である福井市の学生がブースを出展されていました。
http://www.scc.or.kr/(コンベンションセンターHP)

2019.14-8.jpg

1階ホール

2019.14-9.jpg

2019.14-10.jpg

福井市の学生達

本日もご覧いただきありがとうございました。
次回もまたよろしくお願いします。

 

 
 
あさカジャ!!(あさっぴーとスウォンへカジャ!!)
 
vol.13      R1.6.7 NEW
 
※「カジャ!!」は日本語で「行こう!!」という意味です。

水原(スウォン)市に派遣中の北康宏と申します。水原市での生活は2年目となりますが,心機一転取り組んで参ります。今年度も引続き「あさカジャ(あさっぴーとスウォンへカジャ!)」を担当させていただきますので,どうぞよろしくお願いいたします。


私は再度入韓しまして,1ヶ月ほど経ったところです。最近こちらは雲ひとつ無い快晴が続いており,気持ちの良い日々です。最高気温が30度を越える日も多く,半袖の人たちも多く見られるようになりました。
さて,昨年度は観光地やイベントの情報を中心にブログを書いてきましたが,今年度はもっと身近な部分にスポットを当ててお伝えしていきたいと思います。
ということで2019年度1回目のあさカジャは,私にとって一番身近な場所である「水原市役所」についてご紹介したいと思います。

~水原市の行政について~
水原市が所管する行政機関はおもに本庁と4つの区役所に分かれています。私は本庁にある行政支援課の国際交流チームに所属しているので,本庁で勤務しています。
国際交流チームでは,主に友好姉妹都市との交流に関する仕事をしています。水原市には12カ国18都市の友好姉妹都市があるため,職員の方々は世界中からの来客の対応をしたり,逆に姉妹都市を訪問したりといつも忙しそうです。国際交流チームは係長のほか,7名の職員で構成されており,そのうち2人が英語,1人が中国語,1人が日本語を担当しています。職員の語学レベルも非常に高く,毎日刺激を受ける日々です。

 

つづいて,市役所本庁を紹介します。
2019.13-1.jpg

水原市役所本館は1985年に建築されました。建築から30年以上経過していますが,そうは思えないほど綺麗な外観を保っています。建物は本館と別館の2つから成りますが,両館は渡り廊下によって行き来することが出来ます。本館は地下1階から地上4階,別館は地下3階から地上8階まであり,建物自体は別館のほうが大きい造りとなっています。別館の地下は全て駐車場となっているうえ,正面にも駐車場が整備されていますが,それでもやはり駐車スペース不足に悩まされています。また,庁舎には太陽光発電を利用したエコシステムが整備され,庁舎内で利用する電力の一部がこのシステムでまかなわれています。
市役所の周辺はというと,仁渓洞(インゲドン)と呼ばれる歓楽街が広がっています。週末の夜には多くの若者で賑わう活気ある街です。この辺りも水原市役所が今の場所に移転したことを契機に大きく発展したそうです。

2019.13-2t.jpg

部署案内板
2019.13-3.jpg
両館をつなぐ渡り廊下

ここから市役所本庁の施設を具体的に紹介します。

○「시민 봉사과」市民奉仕課  (本館1階)
正面玄関を入ってすぐの場所にある市民奉仕課は,旭川市でいうところの市民課に似た部署です。異なる点は,来庁する市民がとても少ないこと。理由を尋ねると,韓国では行政のデジタル化が進んでおり,申請などが自宅から出来ることが大きな要因であるようです。また,基本的な手続きであれば区役所及び住民センターで出来ることも来客の少なさに繋がっているようです。

2019.13-4.jpg

市民奉仕課

○食堂(別館8階)
食堂は1食3000ウォン(約300円)で食べることができるので,職員だけでなく多くの市民も利用する,憩いの場所です。本館の最上階にあるため景色が非常に良く,晴れた日には周辺の風景を一望できます。
昼食以外の時間には広いスペースを有効活用し,大人数が集まる会議に利用するなど様々な用途で用いられています。

2019.13-5.jpg

○「스마트그리드 스테이션スマートグリッドステーション(本館1階)
これはスマートグリッドを利用した市役所の電気需給を確認できるパネルです。スマートグリッドとは既存の電力網を再構築し、IT技術を利用することでエネルギー需要をリアルタイムに把握し、必要な箇所に効率よく電気を供給するシステムだそうです。このスマートグリッドステーションで常時電力需給量を確認できることが,職員の省エネ意識に繋がっています。水原市役所では太陽光発電利用も活発で,屋上には多くのソーラーパネルが設置されています。そして,太陽光発電によって市役所で利用する電気の一部をまかなっています。

2019.13-6.jpg
スマートグリッドステーションのパネル

屋上(別館最上階)
前述のとおり水原市は環境への配慮に力を入れています。その一環として,屋上には植物が植えられています。そのほかにベンチや運動器具が置かれ,職員や市民の方がちょっとした息抜きの際に利用できるようになっています。

2019.13-7.jpg

○カフェ(別館7階)
このカフェでも環境へ配慮した取り組みが行われており,飲み物の注文の際に自分でコップを持参すると割引を受けることができるようになっています。
ここで初めて見たものがインスタントラーメン調理器です。ノズルからお湯を入れた後,下についている電磁調理器でそのまま茹でることができます。韓国ではお酒を飲んだ翌日の朝にインスタントラーメンを食べる文化があるためか,市役所の食堂にも準備されています。この機械はこの食堂以外で見たことが無かったのですが,韓国のPCバン(インターネットカフェ)にはよく置いてあるそうです。
  
2019.13-8.jpg
カフェのイートスペース
2019.13-9-2.jpg
インスタントラーメン調理器

○姉妹都市コーナー(本館1階)
水原市の友好姉妹都市の紹介と合わせて,世界中の友好姉妹都市からの記念品を展示しています。以前にも紹介しましたが,旭川市は最初に姉妹都市を締結した都市。ここに来るたびにそれを実感すると同時に、今年で姉妹都市締結30周年という両市の歴史を感じます。
世界中の特色ある記念品の数々を見ることができる場所です。

2019.13-10.jpg
 

紹介できなかった施設については,次回紹介します。
 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加