国際交流ボランティア

国際交流ボランティア制度

国際交流ボランティア(ボランティアガイド・ホームステイボランティア・企画交流ボランティア) 登録制度ご案内

本制度は、各種の国際交流活動に対して、市民の皆様に積極的に参加していただき、外国人と日本人との相互理解と友好親善を図り、市民レベルの国際交流を推進することを目的としています。

ボランティアの内容

ボランティア活動で協力していただく内容は次のとおりです。

1.ボランティアガイド
旭川市や市内の公益活動を行う団体等が実施する各種の国際交流事業において、外国人に対し通訳や案内などをしていただくものです。

また、国際交流センターにおいて、窓口での業務サポートによる多言語対応にもご協力いただいております。

2.ホームステイボランティア
外国人を対象とする宿泊を伴う家庭滞在を受け入れていただくもので、外国人に日本の家庭生活を体験する機会を提供することにより相互理解と友好親善を深めようとするものです。

3.企画交流ボランティア
委員会が主催する国際交流事業の企画・運営等を担当していただくものです。

 

資 格

1.ボランティアガイド
外国語の能力を有し、国際交流に理解と熱意がある方。

2.ホームステイボランティア
家族全員が受け入れに賛同し、好意で外国人を受け入れていただける家庭。

3.企画交流ボランティア
国際交流に理解と熱意がある方。

 

登録申込

いずれも所定の申込書により申し込むことが必要です。メールや電話のみでは登録できませんのでご了承ください。

 

派遣・利用の申請

ボランティアガイドの派遣を受けようとする国際交流行事や交流事業の主催者、またはホームステイの斡旋を受けようとする団体等は、それぞれ所定の申請書を提出することが必要です。
ただし、ホームステイの場合は、原則として4週間前までに申し込むことが必要です。

 

活動の依頼

派遣・利用の申込があったときはこれを審査し、適当と認めたときはその都度登録者、または登録家庭の承認を得たうえで、ボランティアガイドの依頼やホームステイの斡旋を行います。

 

 費用の負担

1. ボランティアガイドの活動に対しては、報酬は支給されません。ただし、ボランティアガイドの活動に伴う交通費等実費相当額は依頼者の負担となります。

2. ホームステイの受け入れに対しては、報酬は支給されません。ただし、ホームステイボランティアの活動に伴う費用弁償(一日当 1,500円程度)は依頼者の負担となります。

 

危険負担

1. ボランティアガイド及びその派遣を受けた者は、ボランティアガイドの活動に関し、事故や約束の不履行によって関係者が損害を被らないように十分注意しなければなりません。また、ボランティアガイドやその派遣を受けた者が被った損害について、旭川市国際交流委員会は賠償の責任を負いません。

2. ホームステイの期間中に事故等が生じた場合、旭川市国際交流委員会は受け入れ家庭及び利用者に対して責任を負いません。また緊急、または不測の事態等によって、斡旋した受け入れが不可能となった場合についても旭川市国際交流委員会は責任を負いません。

 

ボランティア活動保険

委員会では登録されたボランティア全員にボランティア活動保険を掛けています。ボランティア活動保険は、日本国内におけるボランティア活動中におこる様々な事故からボランティアの方々を補償する保険です。 

 

登録の取消

1.ボランティアガイド
(1)辞退の申し出があったとき。
(2)ボランティアガイドとして不適格と認められる事由が生じたとき。

2.ホームステイボランティア
(1)辞退の申し出があったとき。
(2)本制度の趣旨に反すると認められる事由が生じたとき。

3.企画交流ボランティア
(1)辞退の申し出があったとき。


国際交流ボランティア(ボランティアガイド・ホームステイボランティア・企画交流ボランティア)登録制度の詳しい内容については下記へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

ボランティアの登録及び利用に関するお問い合わせは下記まで

旭川市国際交流委員会

事務局:旭川市国際交流センター内
旭川市1条通8丁目 フィール旭川7階
 
TEL:0166-25-7491 FAX:0166-23-4924

メールでのお問い合わせはこちら

活動レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加