新着情報

北海道災害支援多言語サポーター募集説明会in旭川

イベント情報ただいま募集中

開催日:2019/03/09~2019/03/09

グローバル化の進展により、北海道に旅行に来たり、居住したりする外国人滞在者が年々増加しており、外国人も災害や事故に遭遇する可能性も高くなってきています。

実際に昨年9月の北海道胆振東部地震の際には、旅行中の外国人も自然災害及び停電による影響を大きく受け、被災した外国人への支援が求められる場面が多く見られました。

災害時には正確で最新の情報が大切です。日本語を理解しない外国人が災害弱者・情報弱者にならない様、迅速に正確な情報を伝えるなど、被災した外国人を「言語面」でサポートすることが、北海道災害多言語サポーターの大きな役割となっています。

そのようなことから、この度、「北海道災害支援多言語サポーター」の登録説明会を下記のとおり開催いたしますので、ご興味のある方は、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

◆日時◆ 平成31年3月9日(日) 12:30~14:30

◆開場◆ 旭川市国際交流センター 交流ラウンジ

     (旭川市1条通8丁目 フィール旭川7階)

◆対象◆ 実用会話が可能なレベルの語学力を持つ方

     (言語・国籍不問。北海道内に住んでいる20歳以上の方)

◆参加◆ 無料

◆定員◆ 30名程度

◆主催◆ (公社)北海道国際交流・協力総合センター

◆共催◆ 旭川市国際交流委員会

 

【主な内容】

(1)全国の基礎的情報の共有

 講師:多文化共生マネージャー全国協議会 監事 志渡澤 祥宏 氏

●全国の外国人受入状況等

●災害時における外国人支援(熊本地震等)について

(2)「北海道災害支援多言語サポーター」について

 報告:HIECC

●道内の外国人受入状況

●災害支援多言語サポーターの役割等について

(3)ロールプレイ(翻訳体験など)

 

◆お申込み◆

旭川市国際交流委員会 TEL:25-7491 FAX:23-4924

20190209hiecc.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加